女性にとってのオナ電の魅力

オナ電に関心を抱いているのは、男性だけではありません。
世間の多くの女の子は、それに大いに興味を持っているのです。
それにも、きちんと理由があります。
まず身だしなみの手間に関する魅力です。
そもそも対面でのやり取りは、女性は非常に面倒だと感じている傾向があります。
というのも、服装やメイクなどの準備が非常に面倒だからです。
男性と比べても、圧倒的に手間が大きいです。
対面でのやり取りでは、もちろん身だしなみなどは整える必要はあるでしょう。
しかし女性側からすれば、やはり面倒です。
そしてオナ電は、そういう面倒な準備が一切不要です。
電話でやり取りをするに際して、特に身だしなみを整える必要も無いでしょう。
つまり女の子にとっては、オナ電はとても手軽なのです。
それだけではありません。
孕んでしまうリスクもあるでしょう。
多くの女性の方々は、そのリスクを非常に心配しています。
女性本人にも性欲がある半面、全く見知らぬ男性の子供を孕んでしまう事を大いに恐れているのです。
実際、そういう状況もたまに発生しています。
ですから女性にとっては、対面の出会いはハイリスクなのです。
しかしオナ電には、もちろんそういうリスクは一切ありません。
まさか電話で話をしたところで、妊娠する事もないでしょう。
こういう背景がありますから、実はオナ電は女性の利用者が圧倒的に多いのです。
出会い系と違って、サクラに当たる確率は極めて低いです。
それはオナ電の大きな魅力と言えるでしょう。

寝そべったまま女性を絶頂に導けるオナ電の世界

日本ではAVのジャンルの中で、フェラを中心とした動画が不動の人気となっていますが、それは、日本の男性は女性の肉体を楽しみたいという願望よりも、マグロ状態で一方的に女性からの奉仕を受けたいというニーズが高いことを意味しています。
草食男子と言われるようになって久しい現代の日本男性に、そのような願望があるのは自然なことですが、体のあちこちをしゃぶりつくしたり、腰を振りまくって女性を満足させなくても良いという意味では、オナ電は現代の日本人男性の性的欲求に適したサービスと言えます。
オナ電であれば、布団に寝っ転がったままでも、先に記したような激しいプレイを全て言語化することで、それを行ったと同等の興奮を女性にもたらすことができますので、女性と絡みたいけどなるべく体力を使いたくないという男性には、もってこいのツールと言えます。
全く鍛えてないビール腹の体や、ひょろひょろ体型の方でも、マッチョな男性として雄々しくアプローチすることもできますし、それによって興奮していく女性の声を聞くことで、変身願望をも満たすことができます。
女性の方もまた、普段はなかなか大胆になれないシャイな女性が、密かに憧れを抱いている大胆でセクシーな女性像になりきって、男性を挑発することもできますので、その快感を知って病みつきになってしまう方が続出しています。
オナ電の世界では、相手が実際にどんなスペックを持っているかは全く重要ではなく、そのように聞こえるということが全てであり、声色や話し方を変えるだけで楽しみ方は無限に広がりますので、自分の中に眠っているエッチな自分を目覚めさせるべく、オナ電を始めてみましょう。

電話で卑わいな会話をするって何が楽しいの?

擬似彼女を作れるオナ電の良いところは、現実に彼女を作りづらくても、擬似彼女ならすぐにできるという点にあります。
これならば、現実社会でモテようが、モテまいが関係ありません。
ブ男だろうが相手に顔をさらすわけではないので、何の問題もなく、進行できることが利点なのです。

会話を楽しむ現実には、会話を楽しむよりも、行為先行で、いかに腰を振るか、いかに激しいプレーをするか、ばかり考えている男性が多いような気がします。
最近のAVも会話よりも、プレーばかりが先行しすぎています。
視聴者も行為ばかりを求める男性が多いというようなことを聞いたことがあります。
しかし、女性はそれを嫌がります。
女性はムードを求めています。
卑猥な言葉で徐々に責められる方が好きな女性は多いのです。
経験が少ない男性は、ここで練習して、経験を積んでおくのもいいかと思われます。
「乳首立ってきたよ」「濡れてきたよ」「いつも家で一人でやっているんでしょ」など、他愛のない会話が好きな女性も多いのです。

妄想を楽しむオナ電ならば、妄想の世界に浸ることも可能です。
現実には相手の嫌がるプレーでも、オナ電ならば、相手に迷惑がかかることもありません。
AVのようなプレーも可能です。
つまり、妄想の世界に入ることが出来ます。
好きな女性の顔を想像しながら進行することが可能です。
しかも、自分の思った展開に持ち込むことが出来ます。
相手もこちらに合わせてきますので、二人で快感に浸っていただければいいと思います。

ほんとにあったオナ電の話し

オナ電でアナルセックス好きの女の子と遭遇

毎回オナ電をする度に思うことなのですが、女の子は本当に電話の向こうで自分の体を触ってくれているのかということです。
というのも先月とても刺激的な女の子とオナ電で楽しんでしまったのです。
その日の私の気分としては責められたい願望が強かったので、わりとSな女の子を伝言で探していたのです。
しかし、それっぽい雰囲気の伝言や声の主がいなかったのです。
その日は諦めようかと思った矢先、ある女の子の伝言を聞いて少々引いてしまったのです。
その伝言とは「お願い!お尻に太いのぶちこんで!」でした。
その日の気分とは真逆の女の子に遭遇してしまったのですが、何故かその女性に伝言を入れてしまったのです。
その後女の子と会話ができるようになり伝言の内容について質問責めすると、女の子はかなりのアナルセックス好きのようで、元彼によってお尻の開発をされたと話していました。
そういう話を聞いている内に私も不思議なことにアナルセックスをオナ電でしたくなり、女の子の要求に応じることとなったのです。
女の子のお尻を舐めることは好きな方なので、私はいきなりお尻を舐める仕草をしたり言葉も投げ掛けました。
女の子もいきなりのアナル舐めに驚いたようですが、凄い声で感じていたのです。
その後は全身の愛撫をしていき、とうとうアナルセックスへと進んでいったのです。
私が「入れるよ」と声をかけると女の子は「アーーーーっ!」と絶叫していました。
その後は「お尻お尻お尻が気持ちいいの」とお尻を連呼しながら果てていました。
果たして本当に女の子はお尻を自分で触っていたのでしょうか。

接触嫌いの若い女の子と毎週末オナ電三昧です

今の若い世代は本当に人との接触が苦手のようです。
実は私は趣味でテレクラを行っているのですが、若い女の子をターゲットにしているせいか若い世代がいかに恋愛に奥手なのかが分かるのです。
私が会いたいと言っても「無理」という返事ばかりなのです。
しかし、エッチなことには興味があるようで、私が「オナ電だったらどうかな」と質問すると最初は考えた様子だったものの、オナ電を承諾してくれたのです。
私たちは会わない約束をして電話番号を交換したのです。
そして毎週末は必ずオナ電をして楽しんでいます。
コンビニでアルバイト生活をしている女の子だったので、会話のきっかけは毎回のように客の悪口となっており、その愚痴を聞いてあげてから徐々にエッチな雰囲気を醸し出していくのです。
始まりはいつもディープキスから始まりお互いスマホに向けてピチャピチャという音を奏であっています。
私が今どこを触っているのかと質問してみると乳首を触っていると言ってきたので、その乳首を今度は舐める音を立ててあげるのです。
その音を聞いた女の子は自ら声を出して感じており、私もとうとう自分の乳首を触る始末となりました。
女の子の方も次第に積極的になり私のアソコが大きくなっていると言ってきたのです。
どうしてくれるのかと質問すると女の子は何も言わずにジュルジュルっと音を立ててくれたのです。
その状態を数分も続けてくれたので、私はそのまま射精をしてしまったのです。
先にいってしまったことを詫びたあとはもちろん女の子をいかせてあげました。