女性にとってのオナ電の魅力

オナ電に関心を抱いているのは、男性だけではありません。
世間の多くの女の子は、それに大いに興味を持っているのです。
それにも、きちんと理由があります。
まず身だしなみの手間に関する魅力です。
そもそも対面でのやり取りは、女性は非常に面倒だと感じている傾向があります。
というのも、服装やメイクなどの準備が非常に面倒だからです。
男性と比べても、圧倒的に手間が大きいです。
対面でのやり取りでは、もちろん身だしなみなどは整える必要はあるでしょう。
しかし女性側からすれば、やはり面倒です。
そしてオナ電は、そういう面倒な準備が一切不要です。
電話でやり取りをするに際して、特に身だしなみを整える必要も無いでしょう。
つまり女の子にとっては、オナ電はとても手軽なのです。
それだけではありません。
孕んでしまうリスクもあるでしょう。
多くの女性の方々は、そのリスクを非常に心配しています。
女性本人にも性欲がある半面、全く見知らぬ男性の子供を孕んでしまう事を大いに恐れているのです。
実際、そういう状況もたまに発生しています。
ですから女性にとっては、対面の出会いはハイリスクなのです。
しかしオナ電には、もちろんそういうリスクは一切ありません。
まさか電話で話をしたところで、妊娠する事もないでしょう。
こういう背景がありますから、実はオナ電は女性の利用者が圧倒的に多いのです。
出会い系と違って、サクラに当たる確率は極めて低いです。
それはオナ電の大きな魅力と言えるでしょう。

寝そべったまま女性を絶頂に導けるオナ電の世界

日本ではAVのジャンルの中で、フェラを中心とした動画が不動の人気となっていますが、それは、日本の男性は女性の肉体を楽しみたいという願望よりも、マグロ状態で一方的に女性からの奉仕を受けたいというニーズが高いことを意味しています。
草食男子と言われるようになって久しい現代の日本男性に、そのような願望があるのは自然なことですが、体のあちこちをしゃぶりつくしたり、腰を振りまくって女性を満足させなくても良いという意味では、オナ電は現代の日本人男性の性的欲求に適したサービスと言えます。
オナ電であれば、布団に寝っ転がったままでも、先に記したような激しいプレイを全て言語化することで、それを行ったと同等の興奮を女性にもたらすことができますので、女性と絡みたいけどなるべく体力を使いたくないという男性には、もってこいのツールと言えます。
全く鍛えてないビール腹の体や、ひょろひょろ体型の方でも、マッチョな男性として雄々しくアプローチすることもできますし、それによって興奮していく女性の声を聞くことで、変身願望をも満たすことができます。
女性の方もまた、普段はなかなか大胆になれないシャイな女性が、密かに憧れを抱いている大胆でセクシーな女性像になりきって、男性を挑発することもできますので、その快感を知って病みつきになってしまう方が続出しています。
オナ電の世界では、相手が実際にどんなスペックを持っているかは全く重要ではなく、そのように聞こえるということが全てであり、声色や話し方を変えるだけで楽しみ方は無限に広がりますので、自分の中に眠っているエッチな自分を目覚めさせるべく、オナ電を始めてみましょう。

電話で卑わいな会話をするって何が楽しいの?

擬似彼女を作れるオナ電の良いところは、現実に彼女を作りづらくても、擬似彼女ならすぐにできるという点にあります。
これならば、現実社会でモテようが、モテまいが関係ありません。
ブ男だろうが相手に顔をさらすわけではないので、何の問題もなく、進行できることが利点なのです。

会話を楽しむ現実には、会話を楽しむよりも、行為先行で、いかに腰を振るか、いかに激しいプレーをするか、ばかり考えている男性が多いような気がします。
最近のAVも会話よりも、プレーばかりが先行しすぎています。
視聴者も行為ばかりを求める男性が多いというようなことを聞いたことがあります。
しかし、女性はそれを嫌がります。
女性はムードを求めています。
卑猥な言葉で徐々に責められる方が好きな女性は多いのです。
経験が少ない男性は、ここで練習して、経験を積んでおくのもいいかと思われます。
「乳首立ってきたよ」「濡れてきたよ」「いつも家で一人でやっているんでしょ」など、他愛のない会話が好きな女性も多いのです。

妄想を楽しむオナ電ならば、妄想の世界に浸ることも可能です。
現実には相手の嫌がるプレーでも、オナ電ならば、相手に迷惑がかかることもありません。
AVのようなプレーも可能です。
つまり、妄想の世界に入ることが出来ます。
好きな女性の顔を想像しながら進行することが可能です。
しかも、自分の思った展開に持ち込むことが出来ます。
相手もこちらに合わせてきますので、二人で快感に浸っていただければいいと思います。

ほんとにあったオナ電の話し

オナ電でアナルセックス好きの女の子と遭遇

毎回オナ電をする度に思うことなのですが、女の子は本当に電話の向こうで自分の体を触ってくれているのかということです。
というのも先月とても刺激的な女の子とオナ電で楽しんでしまったのです。
その日の私の気分としては責められたい願望が強かったので、わりとSな女の子を伝言で探していたのです。
しかし、それっぽい雰囲気の伝言や声の主がいなかったのです。
その日は諦めようかと思った矢先、ある女の子の伝言を聞いて少々引いてしまったのです。
その伝言とは「お願い!お尻に太いのぶちこんで!」でした。
その日の気分とは真逆の女の子に遭遇してしまったのですが、何故かその女性に伝言を入れてしまったのです。
その後女の子と会話ができるようになり伝言の内容について質問責めすると、女の子はかなりのアナルセックス好きのようで、元彼によってお尻の開発をされたと話していました。
そういう話を聞いている内に私も不思議なことにアナルセックスをオナ電でしたくなり、女の子の要求に応じることとなったのです。
女の子のお尻を舐めることは好きな方なので、私はいきなりお尻を舐める仕草をしたり言葉も投げ掛けました。
女の子もいきなりのアナル舐めに驚いたようですが、凄い声で感じていたのです。
その後は全身の愛撫をしていき、とうとうアナルセックスへと進んでいったのです。
私が「入れるよ」と声をかけると女の子は「アーーーーっ!」と絶叫していました。
その後は「お尻お尻お尻が気持ちいいの」とお尻を連呼しながら果てていました。
果たして本当に女の子はお尻を自分で触っていたのでしょうか。

接触嫌いの若い女の子と毎週末オナ電三昧です

今の若い世代は本当に人との接触が苦手のようです。
実は私は趣味でテレクラを行っているのですが、若い女の子をターゲットにしているせいか若い世代がいかに恋愛に奥手なのかが分かるのです。
私が会いたいと言っても「無理」という返事ばかりなのです。
しかし、エッチなことには興味があるようで、私が「オナ電だったらどうかな」と質問すると最初は考えた様子だったものの、オナ電を承諾してくれたのです。
私たちは会わない約束をして電話番号を交換したのです。
そして毎週末は必ずオナ電をして楽しんでいます。
コンビニでアルバイト生活をしている女の子だったので、会話のきっかけは毎回のように客の悪口となっており、その愚痴を聞いてあげてから徐々にエッチな雰囲気を醸し出していくのです。
始まりはいつもディープキスから始まりお互いスマホに向けてピチャピチャという音を奏であっています。
私が今どこを触っているのかと質問してみると乳首を触っていると言ってきたので、その乳首を今度は舐める音を立ててあげるのです。
その音を聞いた女の子は自ら声を出して感じており、私もとうとう自分の乳首を触る始末となりました。
女の子の方も次第に積極的になり私のアソコが大きくなっていると言ってきたのです。
どうしてくれるのかと質問すると女の子は何も言わずにジュルジュルっと音を立ててくれたのです。
その状態を数分も続けてくれたので、私はそのまま射精をしてしまったのです。
先にいってしまったことを詫びたあとはもちろん女の子をいかせてあげました。

私の相手はセラピスト

私は無類のメンズエステマニア、それも如何にも巷にあふれているようなメンズエステではなく、女性が一人で営んでいるようなサロンを探し求めています。
いい感じのお店がみつかれば女性専用だとしても、とりあえず電話をかけ問い合わせてみるのですが私流、しかし対応は三者三様でそれもまた一興です。
私と同じような問い合わせがよくあるのでしょう、あからさまな嫌悪感を示し一刀両断してくるケースや変態扱いし罵ってくるケースなどが存在しています。
しかし面倒な感じでも丁寧に対応してくれたりとても歓迎ムードで応えてくれるところがあるのも事実、私はそういったお店が大好きでついついいろんなことを聞き出したくなってしまうのです。
やはり真摯にエステ業に従事している方は突拍子もないことや少し色っぽいことにも動じることなく、しっかりとした感じで応えてくれます。
「勃起しても大丈夫ですか」「鼠蹊部のマッサージはありますか」といったもの、するとセラピスト側も受け入れてくれるかのごとく「それはもう大丈夫です、気になさらないでください」とか「大丈夫ですけど、マッサージの流れ上男性器に触れることがあります」など股間を刺激するような文言が登場、まるでオナ電さながらです。
あとは脈ありと判断すると予約し伺います。
そこである程度許されるようなら、施術後自宅に帰った後などにお礼の電話を入れます。
「先ほどは失礼しました」なんて感じです。
「いえいえ大丈夫ですか」なんて返しが来れば「まだ勃起が治まらなくて」「少し話し相手になってくれません」てな感じで、やり取りをしていくと中にはお手伝いしてくれる方もいるのです。
実際これまで数人のセラピストとオナ電風のやり取りを成功させています。

オナ電を楽しむためのコツについて

オナ電は人気があり、ハマってしまう魅力がありますが、オナ電はどうすればいいのか分からないという人も多く、初めての場合は戸惑う事もあると思います。
普段自慰行為をする時には一人で行いますが、オナ電の場合は、電話越しとは言え、2人でエッチをする事になります。
基本的には、1人でするよりも、2人でした方がエッチは気持ちよくなれると言えますが、オナ電を上手くするためには、妄想力が必要と言えます。
妄想力をエッチに活かす方法としてどうすればよいかと思う人もいると思いますが、自慰行為を思い出せばよいと言えます。
自慰行為は、色々エロ本やAVをおかずにして妄想しながら自分自身を慰めると思いますが、オナ電の場合は、相手の声とか音とか電話越しに聞こえてくるので、妄想を刺激してくれるので、妄想しやすい環境にあります。
相手の子は声が可愛ければ、自分の好みの可愛い子と自分はエッチをしているんだと妄想して楽しむことが出来ます。
妄想力がアップすれば、さらに自慰行為もオナ電も楽しむ事が出来るようになり、一石二鳥と言えます。
妄想力の鍛え方としては、様々な妄想をしてみる事が良いです。
オナ電で楽しむ為には、日ごろの自慰行為の中でも妄想力を高めておく事で、魅力を最大限に発揮できると言えます。
経験を積めばますます妄想力に磨きがかかるので、妄想力を鍛える事は大事です。
気軽に出来るオナ電は、利用している女性も多いので、チャレンジしてみる事が良いです。

相手の姿が見えない事がオナ電の大きな魅力

オナ電には、相手の姿が見えない事自体に楽しみがあります。
それが理由で、男性としてはオナ電を楽しんでいる事も多々あるのです。
そもそも女性とエッチな時間を過ごしたいと望むなら、対面をするという選択肢はあります。
現に多くの男性は、それで楽しい時間自体は過ごしているのです。
ところが対面でのエッチでは、ふと白けてしまう事がたまにあります。
現実に引き戻されてしまうケースも、意外と珍しくないのです。
理由は、女性側の見た目の問題です。
残念ながら世間の女性は、全員が見た目が良いという訳でもありません。
時には女性の見た目の欠点を発見してしまう事もあるでしょう。
それで一旦欠点が見えてしまいますと、長きにわたってそれが気になってしまう事も多々あるのです。
それでエッチ自体が白けてしまうケースも、決して珍しくありません。
現に出会い系などでは、たまにそのような状況が生じている事はあります。
出会い系で誰かと対面したものの、想像していたよりも可愛くなかったという話も多いです。
ところがオナ電の場合は、もちろん相手の姿が見える事もありません。
少なくとも初対面で電話でやり取りをする時には、声だけを頼りに相手と接触をする事になります。
姿が見えない状態でエッチな会話をする方が、男性としてはかえって気持ちが盛り上がる事も多いのです。
電話ならではの魅力と言えるでしょう。
それに魅力を感じて、あえて対面せずにオナ電だけを楽しんでいる男性も少なくありません。

オナ電の相手の見つけ方について

オナ電をしたいと思っていてもどこでオナ電の相手を見つけるか難しいと思いますが、昔はテレクラという専門のお店が多かったこともありますが、今では全国的にも探すことが非常に難しい状況であり、テレクラを利用してくれるような女性ユーザーもほとんどいない事は事実あります。
現在でのオナ電の相手を探す時にオススメなのが、ラインなどの無料通話アプリを使用してオナ電を行うのがベターで、ID交換ができる掲示板などを使ってオナ電相手を探すことがスタンダードといえます。
多くの人が使用しているラインアプリであれば、自分の電話番号などを把握される心配もなく、気軽に相手も応じてくれることが多いと言えます。
電話番号を交換する場合などは抵抗感を持つ男女は多いと言えますがラインなら比較的安全と言えます。
無料通話ツールのID交換くらいであれば、気軽に応じてくれますし、オナ電を越えて実際に会うことを誘われても女性は、ブロック機能などを使用することで簡単に関係を一方的に断ち切ることができるため重宝されていると言えます。
通話が無料で行う事ができる事や無料通話アプリの種類などによっては、ビデオ通話が楽しめる事から刺激度の高いオナ電ができるようになっている時代と言えます。
時代の流れに合わせてオナ電の考え方も変わってきているので、オナ電を行う為の異性探しも比較的簡単であると言えます。
人それぞれ好みは異なるので、音だけのオナ電を楽しみたいと考えている人は、ビデオ通話機能のないラインでのオナ電が良いと言えます。

想像力次第でめくるめく快感が得られるオナ電セックス

電話で見知らぬ相手と話をするサービスはツーショットダイヤルなどと呼ばれています。
その目的はいろいろありますが、中でもテレフォンセックスは代表的なものでしょう。
テレフォンセックス、通称オナ電はお互いに卑猥なことを言い合いながら、それぞれオナニーするというもので、息づかいや音がリアルに感じられます。
オナ電の楽しみは、見知らぬ者同士ゆえの遠慮や恥ずかしさのなさからくる、生々しい性欲のぶつけあいにあります。
してみたいことを言い、して欲しいことを告げてやってもらう、あるいは命令的にやらせる、現実に面と向かい合っていてはなかなか言えない欲望をストレートに伝えあうことで、たまっていた欲求を解消できます。
中でもとりわけ熟女の性欲は激しく、熟女専用のツーショットダイヤルでは過激なオナ電ができます。
お互いのオナニーの世界をすり合わせ、一つの世界を作りあげながら協力して気持ちよくなるオナ電には、実際のセックスとはまた違った快感があります。
指使いの音が聞きたければ、指でかき回しているクチュクチュという音を聴かせてとリクエストすることもできますし、中には潮吹きや放尿の音を聴かせてくれる女性もいます。
放尿しながらクリトリスを刺激すると気持ちいいようで、たいていの女性はそれで一回は盛大にイキます。
相手の顔や表情、姿が見えないので、自分の理想とするイメージに想像することができ、例えば凛とした清楚な人妻が乱れている様をイメージして興奮できます。

オナ電ではカメラマンになった気分で脱がせましょう

オナ電のアプリは匿名で使えるものも多いため、手軽に露出趣味を楽しみたい女性にも重宝されています。
自分の痴態を見てほしいという願望は、一般的には男性の犯罪行為として、不名誉な形で世間に知られることが多いのが残念ですが、このような願望は男性に限ったものではなく、女性にもあります。
一般的な画像系SNSなどでも、自分のセクシーな写真をアップし続けている一般女性はいますし、広義に考えればああいった行為も露出趣味の一種と言えます。
女性の中には、胸や尻、または足だけは自信があるとばかりに、自慢のパーツだけを切り取ってアップしている方もいますし、見せたい願望のツボは千差万別ですが、そういった方々も多く集まるのが、オナ電アプリの魅力の一つです。
アプローチをかけた女性と繋がったら、女性の性感帯を意識し、体のパーツを執拗に褒めまくることで、人間の生理現象としてその部位がムズムズしてくるという作用がありますので、上手くいけば女性にエロスのスイッチを入れることができます。
自慢のパーツを褒められることで、承認欲求が満たされる女性は、言葉責めで命令されるのが好きな方も多く、撮影のためにあれこれ指示を出していくカメラマンと深い関係になってしまうことも珍しくないのは、そういった関係性による部分が大きいです。
優しげな雰囲気から一転、ギャップのようにS的な言葉の愛撫を仕掛けることで、女性をゾクっとさせ、意のままに脱がせることも可能ですし、自慰に導くことも難しいことではありません。
電話口では、グラビアモデルをその気にさせるカメラマンの気分で、磨き上げた自慢の体を見せ付けたいという女性の欲望を引き出しましょう。

オナ電でおすすめの優しい言葉責めについて

通常のセックスでも手や腰を振るだけの性行為のスキルではなく言葉を使う性行為のスキルを織り交ぜる事で精神や脳を刺激してより逝きやすくさせる事が出来ます。
オナ電では言葉で責める事は、女性を刺激する大きなポイントですが、責め方にも何種類かあります。
一つは優しい言葉責めです。
言葉責めという表現はおかしいとも言えますが、褒めてあげるという感じのコミュニケーション的な意味を含んだ言葉責めと言えます。
オナ電では基本的に声でしか相手の異性と繋がる事は出来ないので、相手を褒めてあげる事は大事なポイントと言えます。
愛情表現という意味もあります。
普通のセックスでは、目を見つめながら綺麗だよと言ったり素敵だよとエッチをしながら褒めてあげることが出来ますが、オナ電では基本的に相手の顔は分からないので、イメージしやすい言葉をチョイスする事も良いと言えます。
女性は褒められている、愛されている、必要とされていると言う事が喜びに繋がり、女性の中で膨れ上がり、脳みそから幸せ成分であるセラトニンの分泌を加速させることができるので結果としてその性行為で女性は幸せな時間を感じ取るようになります。
オナ電では初めて会う人もいると思いますが、人によっても好みは大きく異なるとも言えますが、無難に褒めてあげながら疑似セックスを進めると良いです。
オナ電をする前の普通の会話の中で、ある程度相手の特徴をつかんでおくと具体的に褒めると言う事がイメージしやすくなるのでおすすめです。

電話越しでイカせるワザとは!

全く知らない男性と電話越しにHをするのは、最初とても緊張したし、上手にできるのかな〜と不安でした。
でも、男性側も慣れている子より、初々しい感じがたまらないと言ってくれるので、リラックスした気持ちで、オナ電を楽しむことができました。
最初は、男性側がリードしてオナ電を進めて行きますが、やはりちょっと物足りないな〜と感じるようになり、こちらから刺激的な言葉を言ったり、音を聞かせてもらうなど、色々と生々しい言葉をアレコレ伝えながらオナ電を楽しんでいると、次第に男性も気持ちよくなり、けっこう大きな声でイク前など色々と話が盛り上がって、普段はなかなか味わえないようなHも思う存分楽しめるので、けっこうクセになります。
何よりオナ電を心置きなく楽しめるのは、充実した時間になります。
彼氏とは違ったドキドキ感は、やはり電話越しの特権ですし、全く知らない人をオナ電でイカせるのは、楽しいので思いっきり大胆発言もできるので、幅広くなの占めるようになりました。
普段とは違った楽しみ方が電話越しでは経験できるので、かなり満足度は高いです。
全く知らない方とのコミュニケーションは、電話越しでHするのは抵抗あるのかな〜と思っていましたが、逆に大胆になれるし、男性をイカせることが楽しくなったので、週末や時間がある時の楽しみになりました。
やはりこうした楽しみは作っておくべきだし、オナ電は幅広い男性と交流できるのでハマっています。